home
ロボカップ
概要
履歴
会員
お問い合わせ

若生会 設立は 1961年(昭和36年) ソ連が人類初の
宇宙飛行に成功した年です。
二世会として発足。初代会長は橋本鉄工所(活版印刷機メーカー)の
橋本毅氏。

1963 鋳物工場見学会
1974 工程管理などで職長学校開校
1978 三菱重工三原工場見学会

若生会とは・・・
当KPMA若生会は、京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県に事業所を有する印刷関連業者(印刷・製本・紙工機械製造業、印刷インキ製造業、製本機械器具卸売業、製紙機械器具卸売業、紙・文房具小売業など)を組合員とする団体「近畿印刷産業機材協同組合(KPMA)」の若手経営者で構成する二世会組織です。

 現在では、「印刷」をキーワードに会員層の拡大を図り、ビジネスコラボレーションの実現に向け活動しています。

 


 2005年には、大阪市と大阪大学の支援と近畿印刷産業機材協同組合の協賛を得て、近畿大学と共同でサッカーロボットを開発。チーム「SCARAB」として「ロボカップ2005大阪 世界大会」で、印刷産業で培われた機械技術と近畿大学の知能機械制御技術を融合させた、産学協同の可能性を提示しました。

 

 現在、その経験を生かして、一部異業種交流会的な活動も行っています。